So-net無料ブログ作成
検索選択

高橋良輔@#66に登場! [ゲスト告知]

以前から告知していました「ボトムズ」特集。

TVシリーズの放送開始から37年。
おなじ主人公で綴られたロボットアニメとしては
数本の指に数えられる長期シリーズであり、大人気作。
『装甲騎兵ボトムズ』

そんな「ボトムズ」の最新作が劇場で楽しめちゃうんです!

「ボトムズフェスティバル」第3弾
『装甲騎兵ボトムズ 孤影再び』
1月8日から上映開始!
東京横浜大阪京都名古屋
http://www.votoms.net/festival/

東京と横浜では、初日挨拶もあります。
出演は、高橋良輔監督と郷田ほづみさん。
(チケットは絶賛発売中!)

前振りが長くなりましたが、そんなボトムズを応援すべく
これまで「どきゅあに」では2回(#57、#61)にわたり
「ボトムズフェスティバル」で上映される作品を特集してきました。
そしてついに、第3弾の配信・収録がやってきたのです。

配信は1月11日
もちろん、ゲストは高橋良輔監督!
収録は12月24日!
みなさんからのメールは当日12時まで受付!
「ボトムズ」に関する質問や感想などをお待ちしています。
https://www.fwinc.co.jp/atv/atv_radio/dqani/dqani_mail.html

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

第63回「日下三蔵さん その2」更新 [スタッフのつぶやき]

今回は前回に引き続き「アニメ映画主題歌特集」をお送りいたします。

ゲストは、アニソンに詳しい日下三蔵さん。

今回は「平成編」をお送りします。
とはいえ、22年間分の作品群の中からのチョイス

前回は知らない映画ばかりだった方にも、耳馴染みのある作品があるかと思います。

前回の「昭和編」と連続して聴くのもいいかもしれません。ちょっとした傾向の違いが見えてくるかも。
お聴き逃しなく!

by オフィスとんが 小川雅広
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

第62回「日下三蔵さん その1」更新 [スタッフのつぶやき]

今回と次回は「アニメ映画主題歌特集」と題して、2回にわたりお送りいたします。

ゲストに、アニソンに詳しい日下三蔵さんをお招きし、久しぶりに「アニソン」をかけまくります。

昭和から平成まで、劇場で公開された膨大な量の作品から、今回は「昭和編」をお送りします。(次回は「平成編」です)
昭和の時代の「アニメ映画」は、テレビシリーズと劇場版とのリンクの仕方が現在とは少し違ったような気がします。そんな検証バナシもしています。

かなりレアな曲がかかります。「え?あのひとがこの作品の主題歌を??!」って感じです。必聴もんです。

平成世代の方々には、「オヤジ世代のハナシ」かもしれませんが、目から鱗の話が沢山聞けますよ。昭和世代の方は懐かしみつつ、是非お聞き下さい。
過去の作品を観る、観なおす、きっかけになっていただけましたら幸いです。

by オフィスとんが 小川雅広
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:moblog

第61回「ボトムズフェスティバル」第二弾更新 [スタッフのつぶやき]

今回は、第57回にお送りした「ボトムズSP」の第二弾。
12月4日からイベント上映される「ボトムズフェスティバル」第二弾『ボトムズファインダー』をピックアップします。

ゲストは、監督の重田敦司さん、キャラクターデザイン・作画監督の羽山淳一さん、プロデューサーの土屋康昌さん。
土屋プロデューサーから作品制作の経緯と、なぜ重田さんを監督として考えたのか。実は、土屋さんから監督のオファーを受けた時、重田さんの最初の回答は意外でした。

また、メカの作画に関して定評がある重田さんの「ボトムズ」は、どんな作品になっているのでしょうか。
よく、作品の制作前に描かれる「イメージボード」という言葉を聞きますが、その重要性がわかります。
第57回の『ケースアービン』の五十嵐監督の回を改めて聞き返していただけると、各々の監督の個性が見えてくるかも。そこから、作品毎の個性や違いを観るのは「もうひとつのお楽しみ」になると思います。

「ボトムズ」ではあるけれど、「ボトムズ」ではない。
新しい「ボトムズ」の扉を開けた『ボトムズファインダー』。
作品に関わったお三方の、お互いを尊重しつつも、いい作品を創ろうというチームワークが感じられる、素敵なお話でした。
「ボトムズ」って何?という若い方々へもお奨めの作品です。

by オフィスとんが 小川雅広
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ映画主題歌特集@#62-63 [ゲスト告知]

「どきゅあに」第62回(12月7日配信)では久々にアニソンを大特集!
今回のテーマはアニメ映画主題歌です。

この数年、劇場でのアニメ上映数って増えてますよね。
映画作品だけでなく、OVAをイベント上映することも少なくないし…
(『機動戦士ガンダムUC』とか「ANIME FES"VS"」とか)
まあ、そんなことも(ちょっとだけ)気にしつつ、
じゃあ「その主題歌ってどうなのよ?!」と考えたわけです。

そこで、アニソンに詳しい日下三蔵さんをお迎えし、
そのセレクションを聴きつつお話を伺います。

ちなみに、日下さんはSF&ミステリ研究者で、
幾つものアンソロジーを出版している編纂者として有名な方。
つまり、アニメスタッフやアニメライターとかではなく
この番組を聴いていただいているみなさんと同じアニメファン。
しかしその知識と見聞は半端ないっす。

もちろん、せっかくの特集ですから
みなさんの「アニメ映画主題歌・俺ベスト」も大募集!
公開年などは問いませんので、好きな理由など添えてお送りください。

〆切は収録日…11月26日(金)14時
メールフォームはコチラ
https://www.fwinc.co.jp/atv/atv_radio/dqani/dqani_mail.html

みなさんの熱い想いをお待ちしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

第60回「大野木寛さん その2」更新 [スタッフのつぶやき]

本日は「どきゅあに」第60回の配信日です。通常は火曜日配信ですが、明日は「勤労感謝の日」で祝日ですので、繰り上げ配信させていただきます。

ゲストは、前回に引き続き、脚本家の大野木寛さんです。
今回は「脚本家」から「シリーズ構成」への変遷のポイントからお聞きしています。「シリーズ構成」という役職はOPでよく見ますが、具体的にどんな仕事、作業なのでしょう。実は、イマイチ、分かりませんでした。大野木さんなりの「シリーズ構成」としてのスタッフ感覚は大人です。

その後は、どんなアニメを観て育って来たのか「アニメオタク第一世代」の大野木さんの幼少からのアニメ話を。ですから、とても懐かしいアニメソングが流れます。なんか、「懐かしいアニソン特集」ぽくなってしまいました(笑)

リスナーのみなさんからいただいた質問メールにも、真摯にお答えいただいています。
「シナリオライターは人付き合いで出来ている」との名言は目から鱗。
「アニメオタク第一世代」と自負する大野木さんからの、これから「アニメ」の脚本家を目指そうと思っている方々への、とても素敵なアドバイス番組にもなったかと思います。

若い方が知らないアニメタイトルが出てくるかもしれませんが、是非、お聴き下さい。

by オフィスとんが 小川雅広
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。